お知らせ

趣味のツールとして車を選ぶために

2023-07-12 11:31:52 guanli 12

1689132170289926.jpg

コロナ禍で、人との接し方はもちろん、移動の仕方も変わったという人は多い。特に、普段利用していた公共交通機関をクルマに変えた、という例はよく聞かれ、それは中古車人気の高まりにもつながっている。そして生活の変化は、移動だけでなく、日々の楽しみ方にも影響している。比較的、多くの人と接触する機会が多い場所へ出かけることは減っただろうし、逆に家族や近しい仲間たちと楽しむ趣味を謳歌する機会は増えたのではないだろうか。キャンプ、ゴルフ、釣りなど、大人の趣味はさまざまだが、どれも荷物を運んだり、あるいは移動するためにクルマを使うというところに共通点がある。では、クルマを趣味のツールとして考えた場合、どういった車種でどう楽しむべきか。

1689131992858977.png


 趣味 アウトドア 

キャンプなどのアウトドアレジャーでは道具もそれなりのものが求められるが、クルマだってキャンプ場や山、川などにふさわしい条件がある。まず最低地上高が高いこと。車高の低いクルマで行ってはいけないというわけではないが、ちょっとした段差でスタックしないともかぎらない。また、日帰りか泊まりかにもよるが、荷室にはそれなりの広さを望みたいところ。最近は撥水加工が施された荷室を持つSUVも多いのでおすすめだ。アウトドア初心者こそ最低限のレジャースタイルを確立できるクルマで楽しみたい。


1689132030470526.png

 趣味 ゴルフ 

ゴルフといえば紳士のスポーツ。プレーするにあたり、ドレスコードなどいくつか守るべきマナーがあることはよく知られている。同様に、ゴルフ場へ通うための愛車にも気を配る必要がある。たとえば、紳士のたしなみとして、愛車にもラグジュアリーさや、ある程度の質感の高さが求められる。また、ゴルフバッグを周囲から見えなくなるようにして収納できるトランクを備えたセダンは、ゴルフ向きのカテゴリーだろう。結局、ゴルフ場への来場者がお互いに気持ちよくコミュニケーションが取れて楽しくプレーするために、最低限のドレスコード的な車種選びをするのが無難なのである。


1689132063627696.png

 趣味 お釣り 

釣りは幅広い趣味で、磯釣りや船に乗って海釣りなど上級者向けのものもあるし、堤防などでのんびりとファミリーフィッシングするのも楽しい。必要なものはもちろん釣り竿だが、安全のためのライフジャケットや滑りにくい靴なども用意したいところ。愛車に求められるのは、長い釣り竿、釣り針や餌など細かなものが入る収納、釣果に応じたサイズのクーラーボックスなど多くの道具を入れられるスペースである。そして、たいていの釣り場にはベテランの釣り師がいるので、そういった人たちに迷惑がかからない準備をしていくのが釣りにおける最低限のマナーとなる。