お知らせ

中古車を選ぶに適正な走行距離は?

2023-07-04 11:24:06 guanli 12

中古車は一つとして全く同じ状態の車両は存在しません。そのため、多角的にしっかりチェックして、車を選ぶ必要があります。

その中でも重視すべき項目として「走行距離」が挙げられます。中古車を購入するにあたって、どのような視点で走行距離をチェックすればいいのでしょう。

走行距離で見るべきポイントについてここで紹介しますので、参考にしてみてください。

中古車の走行距離は気にした方がいい?

株式会社華栄商事

中古車を購入するにあたって、「走行距離は重視すべき」とよく自動車のポータルサイトや情報誌で紹介されています。なぜ、走行距離をチェックすべきなのか、ここで詳しく見ていきましょう。

ただし、走行距離が少なければ状態が良いとも限りません。走行距離の少ない車でも、状態の悪い車両のあることも併せて紹介します。

走行距離は重視すべき

中古車を選ぶ際は走行距離をチェックすべきと言われるのは、車の状態を推測できる材料だからです。

車は走れば走るほど、部品が摩耗して劣化していきます。つまり、走行距離の長い車は、それだけ大きな負担がかかり故障リスクが高い車だと言えます。

コンディションの良い中古車を探しているのであれば、走行距離があまり出ていないものを探しましょう。

かつては10万kmを超えた車は故障しやすいので購入しないほうがいいと言われていました。しかし、今はそうとも言い切れません。

自動車業界は近年、大幅に技術革新が進みました。メンテナンスされていることが条件ですが、10万km超の中古車でも簡単に故障しないものも少なくありません。

走行距離は気にしなくてもいいという意見も

走行距離の出ている中古車だからと言って、候補から外すのは安易だという意見もあります。走行距離の出ている車両でも、メンテナンスをしていて消耗品を正しく交換していれば十分走れるからです。

むしろ走行距離の出ている車両はお買い得な場合もあります。例えば、人気車種や高級外車だと、新車ではなかなか手が届かないという方もいるでしょう。しかし、10万km超の中古車であれば、リーズナブルな価格で販売されている可能性があります。

特に国産車の場合、海外では20万や30万kmの走行距離でも現役で走っているというケースも少なくありません。走行距離をあまり過信しないほうがいいという意見もあるのは、そのためです。

ただし、メンテナンスがきちんとできているかどうかは、購入する前にチェックしておきましょう。

走行距離の少ない車が良い車とは限らない

走行距離の少ない車は、各パーツに負担がかかっていないので状態が良いと思われがちです。しかし、走行距離の少ない車でも故障リスクの高いものもありますので、注意しましょう。

例えば、長いこと運転されずに放置されていた車の場合です。車は使われなさすぎも良くないと言われています。

年式の割にあまりに走行距離の少ない車の場合、長期間エンジンを動かしていない可能性が高いです。購入していざエンジンをかけようと思ったら動かなかった、といったことも起こりえます。

また、走行距離の少ない車は近距離走行しかしていない可能性も考えられます。するとエンジンオイルが温まる前にエンジンを切る機会が多く、エンジンに負担がかかっているかもしれません。

【結論】走行距離はチェックすべき

きちんとメンテナンスをしていれば、走行距離の出ている中古車でも状態の良いものもあります。逆に走行距離が少なくても長年放置していて、状態の悪い中古車があるのもまた事実です。そのため、走行距離が長ければダメで、少なければ良いとは言い切れません。

しかし、中古車の状態を推測する判断材料の一つとして、走行距離があるのもまた事実です。もしできるだけ長く中古車をマイカーとして愛用したいのであれば、走行距離は見ておくべきです。

ただし、走行距離の長い中古車でも、欲しいものがあればメンテナンスの記録を確認しましょう。こまめにパーツの交換をしているなど、定期的に整備されていれば、車両の状態はいいでしょう。

そして、引き続き自分でもこまめにメンテナンスを行うようにしましょう。

中古車選びにおける走行距離の考え方

株式会社華栄商事

中古車選びにあたって、走行距離は重要な判断材料の一つです。ただし、走行距離が長ければダメで、少なければ良いという単純なものではありません。

では、走行距離をチェックするにあたって、どこを見ればいいのでしょう。年間当たりの距離と希望別の距離などポイントがありますので、以下にまとめました。

年間1万kmが妥当なところ

自動車は使い過ぎも使われなさすぎでも、コンディションを悪化させます。妥当な使われ方をされてきたかどうか、年式に対する走行距離で判断しましょう。

一般的に目安になると言われているのが、1年当たりの走行距離が1万kmというものです。この走行距離の前後であれば、過度に負担のかからない使われ方をされた中古車と判断できます。

例えば、5年落ちの中古車の場合、だいたい5万km前後の走行距離であれば問題の発生する可能性は低いと推測できます。

年式と走行距離の関係は、中古車を購入する際にチェックしましょう。

10万km超の車でも問題なし

中古車のポータルサイトなどを見てみると、「走行距離10万kmを超えた車は危険」と紹介されていることがあります。しかし、これは一昔前の話と考えましょう。

10万kmを超えた車でも、問題なく走行できている車両は珍しくありません。メンテナンスをきちんとしていれば、まだまだ走り続けることができます。

欧米では何十万kmという車両が街中を普通に走っています。20万kmを超えている車両が走行する光景は日常です。タクシーの場合は40万km以上走行すると言われています。

ただし、10万kmを超える中古車を購入する際には整備が行われているかどうか、お店のスタッフに確認しましょう。

希望別・おすすめの走行距離

中古車を購入する際、何を重視するかは人それぞれです。とにかくコンディション重視で探す方もいれば、値段の安い車が欲しいという方もいるでしょう。

そこでここでは、希望別で目安になる走行距離についてまとめました。中古車を購入する際の参考にしてみてください。

状態重視なら3万~5万km

中古車だけれども、できるだけ状態の良い車両を購入しようと思っているのであれば、3万km程度のものがおすすめです。

走行距離3万km程度であれば、まだ新車と比較しても遜色ない状態の中古車も少なくありません。あまり使われていないので、外装も傷が少ないでしょう。また、内装もハンドルやシートのへたりもそんなにないものが多いです。

状態重視であれば、せいぜい5万km程度の走行距離を上限と考えましょう。年式にもよりますが、まだ部品の劣化もそれほど進んでいないはずです。そのため、購入してすぐに不具合が起きて修理が必要になるといった危険性も低いとされています。

コスパ重視なら5万~7万km

中古車の価格の考え方として、一つのラインになるのが5万kmと言われています。

50,000kmを超えた中古車は、値段がガクッと下がることが多いです。それは一般的に走行距離5万km・5年のタイミングで車を買い替える方が多いためです。

5万km程度の走行距離は、まだまだ状態の良い中古車も多くあります。

もしコスパ重視で中古車を探そうと思っているのであれば、5万km前後の車両の中から絞り込んでみるといいでしょう。安全に、これからも長期間にわたって乗り続けられるような車両も多いです。

車の状態がそれなりの中古車を探すのであれば、7万kmを上限に探してみるといいでしょう。この走行距離の範囲であれば、不具合が起きるリスクは比較的低いと言えます。

安さ重視なら10万km超

とにかく安さ重視で中古車を探しているのであれば、走行距離10万km超の中から選ぶといいでしょう。この程度の走行距離になると、新車と比較して半額以下という中古車もあります。

新車ではとても手の届かなかった車でも、10万km超なら購入できる価格のものもあるかもしれません。

ただし、基本的に乗り潰すことを検討しましょう。10万km超の車をしばらく運転して買い替える際、買取価格は期待できません。リセールバリューはほとんどないと覚悟してください。

10万km超の中古車の場合、車両の状態をきちんと確認しておくことが重要です。メンテナンスが適切に行われていれば、当面は乗り続けられるでしょう。